少年のようなオヤジの山や日常 MEMO

アクセスカウンタ

zoom RSS 99.9%は無意味でも・・・

<<   作成日時 : 2018/06/03 20:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

このブログの最初のタイトルは、『少年とオヤジの山歩き』だった。
少年が空君と同じ小学1年生の頃には、自分と二人でちょくちょく山歩きをしていた。
それを思うと、この遭難事故発生をニュースで知って以来、他人事とは思えなかったが・・・
結果は大変残念なものとなった。

以下は5/30毎日新聞他の記事引用:
新潟県警は29日、同県阿賀野市の五頭連峰で男性とみられる2人の遺体を発見した。県警は、今月5日から同連峰に入り、連絡が取れなくなっていた新潟市北区の渋谷甲哉(こうや)さん(37)と長男で小学1年の空(そら)さん(6)とみて身元確認や死因の特定を進める。
県警阿賀野署によると、29日午前11時20分ごろ、県警ヘリコプターが、連峰内にあるコクラ沢の斜面(標高580メートル)で、うつぶせで寄り添うように倒れている2遺体を発見。ヘリで収容した。服装などから渋谷さん親子とみられるという。
同署によると、発見場所は松平山(954メートル)と五頭山(912メートル)をつなぐ尾根沿いの登山道から西へ約1・5キロ離れた場所。尾根を縦走する際に道を誤るとたどり着きやすいという。同署は2人が沢づたいに下山しようとしたが、沢の先にある滝に行く手を阻まれ、力尽きた可能性があるとみている。行方不明時、付近の山々には雪が残り、雪解け水で沢の水量も増していたという。
渋谷さん親子は5日午後2時ごろ入山。同8時過ぎ「道に迷ったのでビバーク(野営)する」と電話があり、翌6日朝「これから下山する」と再び電話後、行方不明になっていた。
上毛新聞記事引用:
・・・・・県警によると、司法解剖の結果、死因はいずれも低体温症とみられる。2人に目立った外傷はなく、渋谷さんの上に空君が重なるように倒れていたという。


・・・ということは、お父さんの方が先に力尽きてしまったのか・・・


遭難時の彼らの装備 に関しては、正確なところは分からない。
お父さんの名誉のためにも、『軽装』ではなかったと信じたい。

また、遭難したら、【沢に下るのではなく、尾根を目指せ!】という格言が、今回のケースに当てはまるのかどうか、現場のことを自分は全く知らないので、何とも言えない。
※上記格言は、状況により(山の険しさ、季節、その時の気象により)必ずしも正しいとは限らないと思う。





ところで、自分が小学校の少年を山に連れて行っていた頃、子供にはGTXの靴を履かせていた。カッパも防水透湿素材のを買っていた。残雪時にはスパッツも付けていた。当時、子供用の商品はなかなか無くて苦労した。また、すぐに体が大きくなるので無駄な出費にもなった。でも、『万が一』を考えてこれには出費を惜しまなかった。
結果として、それが役に立ったのか、あるいは立たなかったのか、はたまた、少年を山に連れて行くこと自体が、彼の人生において役に立ったのかそうでなかったのか。そんなことは分からない。
でも、それが正解だった、或いは将来、正解となる、と信じたい。
少なくとも、僕自身にとっては、『思い出』という代えがたい宝物になった。

画像




現在は少年(現24・大阪在住)と山歩きをすることは全くなくなり、今ではいつも一人山歩き。
装備は、たとえ泉山Aコースであっても、たとえ毛無山〜白馬山であっても、バカみたいに30ℓ程度のザックは背負って歩く。
万が一、靴が剥がれた時のリペア用品、万が一、ケガした時の応急用具、万が一、沢にハマった時や雨に濡れた時のための着替え、最低の非常食、etc.
こんなのをイチイチ入れていたら、どうしても30ℓらいのザックは要る。積雪期なら当然追加品は増える。
今まで、一度も使ったことのない装備も幾らかあるが。それでもあえて持って行く。
99.9%不要でも、万が一を考えて。

もしかして。
その装備があるが故、装備に多少の自信があるが故、何かのトラブルが生じた際にも、ほんのわずかの【心のゆとり】、【冷静さ】を生んでいるのかも。
もしかして、大きなトラブルとなっていなかったから記憶にも残っていないが、【心のゆとり】があったからこそ、今現在自分がこうして、元気でいられているのかも知れない。
装備に不備があったなら、もしかして『焦り』が生じて、その結果、重大な事故を起こしていたことが、ひょっとして過去にあったのかも知れない。



彼らがキッチリとした装備で山を歩いたのか、あるいはそうでなかったのかは別として、
彼らの死を無駄にしないためにも、
もう一度、山歩きの際の自身の装備について、見つめ直したいと思う。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
99.9%は無意味でも・・・ 少年のようなオヤジの山や日常 MEMO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる