奥津温泉と温泉亭バイキング

'16.6.29(水)雨。 雨模様が続くと坐骨神経痛の左太もも痺れがやや強くなる。そこでちょっと温泉にリハビリにでも。 と思って、嫁さんと母親を『山抜きで…』と誘ってみると。 珍しく、ついて来るという。 というわけで、岡山県3名湯の中では最も寂れた感じで最も自分好みの奥津温泉へ。 雨の日の平日の静かな静かな奥津温泉。奥津荘『鍵湯』。 完全掛け流しの完全貸し切り。 惜しげもなく湯船か…

続きを読む

超 難儀しました! 泉山 百乢コース

'10.10.10(日)小雨のち晴れ。'10年10月10日10時10分10秒は大ヤブコギの真っ最中!!! 初めて泉山へ登ったのが、小4の時の中林コース。その時父親が話していた【百乢コース】。 この名前が、おさな心に妙に印象に残り、以来、頭の片隅に、何でだろう・・・いつも引っかかっていた。 そして三十数年後の今日、泉山のメジャーコース(?)では唯一未踏だった【百乢コース】に初挑戦。 道迷い…

続きを読む

ツツジ満開 振子山  一向平~地獄谷~振子沢~周回

5/26(火)晴れ。 ちょうど1年前の同じ日、5/26に歩いた振子山。 この時は川床を起点に、中の原スキー場~宝珠山~ユートピア~親指ピーク~大休峠~川床の、左回り周回。 今日は一向平を起点に、大休口~地獄谷~駒鳥小屋下~振子沢~振子山~親指ピーク~大休峠~一向平の、右回り超ロング周回。 肉体ボロボロ、水分3㍑完飲の---完全燃焼でした!       振子山より、これから越える親指…

続きを読む

虫がブンブン凄いぞぉ! 宝珠尾根~剣~砂すべり

'08.6.10(火)晴れ。 早朝はそれほどでもなかったブヨ君たちが、日の出と共に元気爆発。 中宝珠~ユートピアまで、少しでも立ち止まると虫がいっせいに顔中にたかりまくる。 「縦走路まで上がったらもういないだろう...」なんて考えは甘かった。 ブヨと交代で現れた、わけの分らん虫たちが剣○峰頂上までしっかりとお供してくれたもんだから... 「ほんまに、たまらぁーんでぇ!」    6月の山…

続きを読む

泉山Cコース  --大雪の爪跡--

'08.6.2(月)曇りのち雨 今日は午後から雨の予報。午前中に降りて来れる山を... と言うことで、今年積雪期に行った泉山Cコースへ、大雪がもたらした被害を確認しておきたかったこともあり... 5:40 自宅発 ⇒ 7:20 大神宮原コース入口駐車  7:40 出発 ⇒ 8:55 中央峰頂上 9:00 本峰へ ⇒ 9:15 泉山頂上  9:20笠菅コースへ下山開始 ⇒ 10:10 …

続きを読む

振子山 崩壊迫る? --川床~ユートピア経由 周回コース--

'08.5.26(月)ガス後晴れ。 最近3度連続でガスの中だった大山山域。今回も三鈷峰まではガスの中。「またしても...」とショックだったが...ユートピアからはよく晴れてくれ、久しぶりに日本アルプス張りの風景を楽しむことが出来た。 振子山頂上ののトンガリ岩から...右に三鈷峰、左象ヶ鼻。 4:00 起床 5:00自宅発 ⇒ 高速利用 ⇒ 溝口I.C.迄 ⇒ 7:00 川床…

続きを読む

またしても・・・甲ヶ山はガスの中 (一向平より往復)

'08.5.12(月)快晴後曇り時々雨。一向平⇒大休峠⇒矢筈⇒小矢筈⇒甲ヶ山(往復)。 今日の天気予報は中国5件、全部快晴マーク。 この山域は最近2回ともガスで視界なし。「今日は新緑の大山山系を写真にバッチリ収められるぞ!」 と、意気込んで一向平キャンプ場をスタート。大休峠までは快晴で空気はひんやり、まったく申し分のない天気だったのに...。矢筈ヶ山への登りに入ったとたんに突然激しくガスが…

続きを読む

オヤジ一人の山歩き--毛無山 ⇔ 金ヶ谷山(往復)--

12/6(木)晴れ。先月の星山~櫃ヶ山往復に続くロング縦走。 ガイドブック記載の所要時間ではどちらも同じ程度になっていたが、今回のほうがかなりきつく感じた。 今回の縦走路はS字を描くように大きく蛇行しながら続いており、山容はしっかりととらえられていてもなかなか目的の金ヶ谷山へは近づけない。歩いた時間的感覚と目的地までの距離の縮まり方に大きなずれがあり、精神的にきつかったなー。特に往路、金ヶ谷…

続きを読む

オヤジ一人の山歩き--星山 ⇔ 櫃ヶ山 縦走--

11/20(火) 晴れのち雨、強風。非常に寒い。 先週に続き、雨中の1人歩き。勝山美しい森ビジターセンター~星山~櫃ヶ山の往復。 星山山頂あたりから雨と強風。縦走往路の中間辺りからは次第にガスも濃くなり、せっかくの展望登山も中途半端。道もぬかるんで、最悪コンディションの中の5キロの縦走コース往復は非常にきつかった。ただ復路では、はるかかなたの星山が雲に隠れていたので、逆に「あんなに遠く迄帰ら…

続きを読む